img test 1
http://d38ndzhvwshcuc.cloudfront.net/
speedvalue
検索 詳細検索 サイズで探す
工芸品 >> 伝統工芸品/染もの >> その他 >> 伊勢木綿 おかげ手ぬぐい 七五三飾り/黄蘗
雑貨・文具・ペット >> タオル・ハンカチ >> てぬぐい >> 伊勢木綿 おかげ手ぬぐい 七五三飾り/黄蘗

伊勢木綿 おかげ手ぬぐい 七五三飾り/黄蘗

JP¥ 1,500   (US$ 13.30)
数量
在庫・価格を確認する
商品をメールでおすすめする wish list
自然の英知、風景、文化、「おかげ」を感じる手拭「おかげ手ぬぐい」。
昔ながらの「伊勢木綿」を国の伝統工芸品の「伊勢型紙」で日本独自の染色工法の「注染染め(本染め)」にて一つひとつ謹製された手染めの手ぬぐいです。
洗うほどに肌触りはよくなり、使うほどに風合いが増します。

◇七五三飾り◇
万葉集には、「標縄(しめなは)」、古事記の中には、「尻久米縄(しりくめなわ)」という言葉が見られます。 一般的に「注連飾り」と呼ばれることが多く、一定の間隔で、藁を「三・五・七本」と垂らすため「七五三飾り」とも表記されます。
 
伊勢路の家々では、1年を通して玄関口に七五三飾り(しめかざり)を付け悪疫退散、厄除開運、家内安全の守護札として、また縁起物として飾られます。
所以は、数千年前の車のない時代、お嫁探しの旅で疲れ果て、伊勢にたどり着いた「すさのおの尊」を温かくもてなした「そみんしょうらい」。
尊はめでたくお嫁さんを見つけて帰り、数年後に再度伊勢へ帰ってきて名を名のり、あの時のお礼にと茅輪を家にかけて厄災を退け、この男に子孫末代まで幸福を与えます。  
そんな伝説がある「蘇民将来子孫家門」の七五三飾り、今も伊勢路の家々では、一年を通して玄関口に悪疫退散、厄除開運、家内安全の守護札として、また縁起物として飾られ、「蘇民の杜」、「晴明の森」と呼ばれる二見町の松下社では、「すさのおの尊」、「そみんしょうらい」をまつり、今も年末になるとシメ飾りが頒布されています。
●素材/原材料: 綿100%
●サイズ(cm): 長さ89.5 x 巾35
●重量 (商品のみ): 33g
●重量 (梱包資材含む): 40g
●産地: 三重県
●ブランド名: 常若屋
[取扱注意点]
・端は切りっぱなしのため、お使い初めはほつれがありますが、自然に落ち着きます。
・タンブラー乾燥はお避け下さい。
[その他] 在庫が無い場合は、ご注文をいただいてからの生産となります。商品によってお届けが遅くなる場合があります。納期については、カスタマーサポートまでお問い合わせください。
商品番号  W05573
 






伊勢木綿 おかげ手ぬぐい 七五三飾り/黄蘗
伊勢木綿 ノートパッド ストライプ(赤/マルチ)
JP¥ 11,000 US$ 97.54
伊勢木綿 ノートパッド チェック(茶/紺)
JP¥ 11,000 US$ 97.54
伊勢木綿 おかげ手ぬぐい 七五三飾り/栗皮茶
JP¥ 1,500 US$ 13.30
伊勢木綿 おかげ手ぬぐい 七福神/瑠璃紺
JP¥ 1,500 US$ 13.30
伊勢木綿 おかげ手ぬぐい 七五三飾り/猩々緋
JP¥ 1,500 US$ 13.30
Top