img test 1
http://d38ndzhvwshcuc.cloudfront.net/
speedvalue
検索 詳細検索 サイズで探す
工芸品 >> 伝統工芸品/陶磁器 >> 萩焼 >> 萩のいろどり ペアカップ 藍 x 絹雲
雑貨・文具・ペット >> モダンジャパニーズ/キッチン用品 >> カップ・コーヒーカップ >> 萩のいろどり ペアカップ 藍 x 絹雲

萩のいろどり ペアカップ 藍 x 絹雲

JP¥ 3,000   (US$ 26.40)
個別送料:  アジア: JP¥ 770   北米・オセアニア: JP¥ 1,090
ヨーロッパ: JP¥ 1,200   アフリカ・南米: JP¥ 1,370
数量
在庫・価格を確認する
商品をメールでおすすめする wish list
[Rin crossing認定商品]です。

萩のいろどり
昔ながらの色合いから目新しい色まで。自分用はもちろん贈り物にも最適です。
土と釉薬の組み合わせで発色する色とりどりの萩焼のカップからお好きな色の組み合わせをお選びください。

萩焼の色合いは、土と釉薬が溶け合って生まれます。そのため、ひとつとして同じ色合いのものはありません。
贈る方にも、贈られる方にとっても、特別な [萩焼] という器を、ぜひお選びください。

私たちは創業して40年。[生活のワンシーンに萩焼を]をコンセプトに。
お料理を楽しむ器として、萩焼がより身近な存在になることを願い、[生活食器] としての萩焼にこだわって作り続けてきました。
萩焼の大きな特徴は、焼きあがりの土の柔らかさと、その吸水性にあります。高火度で比較的短時間で焼成し、土味を残すため、商品の感触が柔らかく、土があまり焼きしまっていないので軽く、保温性をもっています。さらに、吸水性があるために、長年使っていくうちに茶や、酒が浸透して、茶碗の色彩が変わり、茶人の間では「茶馴れ」といって珍重されています。また、形・装飾に素朴さがあり、絵付けなどはほとんどなく、土の配合・釉薬(うわぐすり)のかけ具合、へらや、刷毛目による表情が楽しめるのも特徴です。
●素材/原材料: 陶器
●産地: 山口県 萩市
●ブランド名: SHUTOUEN 萩のいろどり
●カップ: 直径8.0 x 高さ11.0cm (240ml) x 2
●化粧箱入: 20.0 x 14.0 x 高さ9.5cm
●重量(商品のみ)[g]: 360
●重量(梱包資材含む)[g]: 560
●取扱注意点:
[萩焼を末永くお使いいただくための簡単な取り扱い方法について]
ご使用の前には、必ずお読みの上、お取り扱いをお願いします。
1. はじめて使用する際は、一晩水に浸け、包装材のほこりやにおいを取り除きます。
2. 萩焼の高台には釉薬がかかっておらず、砂を含んだ陶器の底はざらざらし、テーブルを傷つける場合がございます。
敷物をしいてご使用になるか、高台(糸底)に触れてみて、ざらざらが気になるようでしたら、ヤスリやサンドペーパーでなめらかになるように処理をされることをおすすめいたします。
3. 萩焼は、土の粒子と粒子の間が磁器ほどしまっていません。そのため、水もれする場合がございます。お使いいただくうちに茶渋等の浸透により、自然に止まります。
弊社商品に関しましては、水が漏れにくい加工をしておりますが、万一漏れが続くようであれば、一度製品をよく乾燥させた後、おもゆやフノリを入れ、6時間ほど浸けておくと止まります。
4. 食器類は、酸味や油分、酒類などの強い食品を入れたまま使用すると貫入に浸透し、シミや異臭、べとつき、原因となりますので、長時間それらを入れたままの状態でのご使用は避けてください。
ご使用前には、水に浸け、充分に水を吸わせておくと、料理の汁気や、脂気を吸いにくくなります。また、ご使用後の食器も、なるべく早く温水に浸けこむなど、時間を置かないように気をつけてください。
5. 器は、よく乾燥させてからしまってください。水気が残っていると、カビの原因になることがあります。特に萩焼は、水気を吸収しやすいため、完全に乾燥させてから、収納するようにしてください。
●その他:
・商品は萩焼の特性上、色合い・柄・形状等が多少異なる場合がございます。予めご了承ください。
・同じサイズでご提供できるよう努力しておりますが、組み合わせによっては若干サイズが違うものがございます。予めご了承の上、ご注文いただきますようお願い致します。
・椿秀窯・萩陶苑では、萩焼をより取り扱いやすく、日常食器として末永く使っていただけるように、すべての商品にひと手間かけて [撥水加工]をし、貫入からの浸透を遅らせ、色合いの変化をじっくりと愉しんでいただけるよう努めています。
・萩焼は、陶器の表面に[貫入] という釉薬の細かいヒビがあります。この貫入により、陶器独特の柔らかな光沢や素材感を出しています。
長年使っていくうちに茶や酒がこの貫入に浸透して、茶碗の色彩が変わり、茶人の間では、[茶馴れ] や[萩の七化け] といって珍重されています。
しかしながら、焼きあがった萩焼に、お茶やコーヒーなどの色の強い物を入れると、貫入から浸透して、食器がすぐに真っ黒になってしまうということもあったり、萩焼は、取り扱いに充分注意が必要です。
・在庫が無い場合は、ご注文をいただいてからの生産となります。商品によってお届けが遅くなる場合があります。納期については、カスタマーサポートまでお問い合わせください。
商品番号  W07712
 






萩のいろどり ペアカップ 藍 x 絹雲
山口県 萩焼 陶器 萩焼 白釉ひねり煎茶器
JP¥ 40,950 US$ 360.38
萩のいろどり ペアカップ 姫土 x 萩むらさき
JP¥ 3,000 US$ 26.40
山口県 萩焼 陶器 萩焼 櫛目紋湯呑
JP¥ 5,950 US$ 52.36
山口県 萩焼 陶器 萩焼 白釉宝瓶
JP¥ 7,950 US$ 69.96
山口県 萩焼 陶器 萩焼 山麓花生 圭一郎作
JP¥ 8,950 US$ 78.76
Top